ホーム > 糖尿病 > 喉が渇くという糖尿病の症状を予防する

喉が渇くという糖尿病の症状を予防する

治療方法の一つとされるインスリン注射は膵臓が傷ついたことで、正常にインスリンが分泌されなくなったため、体外から補うことで血糖値のコントロールを目的としています。

 

 

ですが血糖が改善されると、膵臓がインスリンを作りやすくなるため、注射の量や回数を減らしたり、のみ薬だけの治療も不可能ではありません。

 

 

 

喉が渇くという糖尿病の症状を予防するためには、糖分の摂りすぎを控えることと、食後にウォーキングや散歩などの軽い運動を行って早めに摂取した糖分を体外に排出させることで症状の改善がみられます。

 

ですが、インスリンの注射や血糖値を下げる薬を飲んでいる場合には、低血糖になる可能性があるので、医師との相談を済ませてから運動することにしましょう。

外で食事をする場合糖質の多い丼ものや麺類などは避け、あっさりした和定食から選ぶようにしましょう。また、大切な付き合いでアルコールを摂らざるをえない場合もあるものです。そんな場合は、糖質ゼロ、カロリーオフのものなどから選ぶようにし、飲み過ぎにならないようにしましょう。そのまま放っておくと症状は悪化をしてしまい、目に合併症が現れる可能性があるのです。

 

糖尿病網膜症は目の合併症として多く発症し、初期症状は殆どなく気付きにくいという特徴があります。

 

とは言え症状が進行すると真っ直ぐの物が歪んで見えたり、ゴミのようなものが見えたり、視力低下など、最悪の場合には失明してしまう危険があります。まめに動いて毎日を過ごすことは糖尿病が予防・改善されるのに役立ちます。10分間だけでも体を動かすようにして運動しましょう。

 

たった10分という見過ごしやすい時間でさえ、1日の合計にすると意外な時間になります。

 

他にもエスカレーターを使わないで階段を使う、タクシーは目的地の手前で降りて、できるだけ歩くようにするといった工夫例もあります。

 

 

糖尿病の根本的な原因は、体にとって最適な量を大幅に超えた食事をとった結果、体が対応できなり病気として現れたということです。だから糖尿病を改善するには、これまで続けていた食生活を改善し、毎日正しい食習慣を身につけなくてはいけません。

 

まんべんなく栄養を摂る食事も然り、摂取カロリーを調べることも重要です。

糖尿病は親子間で遺伝すると認識されていますが、そうとは限りません。後天的に今日までの生活習慣が将来、糖尿病になりやすいかどうかが決まるということもあります。

悪い生活習慣とは濃い味を好む人は、たとえ同じ量しか食べなくてもどうしても摂取エネルギーが多くなってしまいます。

毎日の食習慣が問題になります。インスリンというの膵臓から分泌されるホルモンで、糖をエネルギーに転換し細胞に吸収される働きをしています。

食後、腸から吸収された糖が血流にのって全身を巡るため瞬間的に血糖値は上がりますが、インスリンの分泌が正しく働くと糖が体に吸収されるので血糖値は最終的に普通の状態に戻っていきます。糖尿病予防のサプリメントこちら