ホーム > 注目 > エレベーター設計の考え方

エレベーター設計の考え方

設計を考える上で、利用者にとっての使いやすさと安全性がエレベーターの課題となります。

 

乗り込むだけで上階や階下への移動が行えるエレベーターは、健常者だけではなく、怪我をしている人や病気の人、障害を持っている人にとっても有益な乗り物です。

 

場合によっては車椅子や、その付添人が乗り込むことも充分に有り得ます。

 

リフトの故障と修理ならここ

 

設置する建物の用途や、設置する場所にもよりますが、エレベーターは多くの人が利用することを前提に設計されるのが基本です。

 

複数の人が乗れるだけの容量を確保し、しかも安全でなければいけません。

 

さらに誰でも判るように表示ボタンはシンプルかつ使いやすくするなど、内部のデザインにも繊細な注意が払われています。